家族の証明にもなる結婚指輪を選ぶポイント

リング

人気の結婚指輪

指輪

ハワイアンジュエリーが結婚指輪として選ばれています。とても爽やかな印象を与える指輪です。横浜にもショップがありますので、新郎新婦でお店を訪ねてみると良いでしょう。思い出に残る結婚指輪を選ぶことができます。

詳細

花嫁にあう衣装

ブーケ

ウェディングドレスを選ぶ際は結婚式場との相性を考えることも大切です。特に事前に式場の照明を確認しておきましょう。ウェディングドレスはレンタルで手に入れるだけでなく、既製品を購入したりオーダーメイド制作したりすることが可能です。

詳細

永遠の愛の証

リング

結婚したら大多数の人が結婚指輪を身につけます。仕事の関係上指輪ができない人もいますが、結婚式を挙げる夫婦は必ずと言ってよいほど指輪の交換をします。身につけていなくても持っている人がほとんどです。では、結婚指輪にはどのような意味があるのでしょうか。それは諸説ありますが、まず指輪の円形は永遠を意味していると言われています。永遠にお互いを愛し続けるという意味が込められているのでしょう。また指輪をはめる左手の薬指は、昔は心臓から一直線に血管が繋がっている指と考えていたことから、心と真っ直ぐに繋がった指に結婚指輪をはめるようになったと言われています。結婚すると、当たり前のように左手の薬指に指輪をしますが、その意味を調べてみるのも良いでしょう。

結婚指輪はお互いの愛の証ですが、同時に周囲へ自分は既婚者であるというアピールにもなります。例えば男性の場合、結婚している方が仕事で有利になる場合が少なからずあります。例えば営業職のような場合は、結婚し妻や子どもがいる人の方が、相手から信頼されやすい傾向があります。また結婚していることをアピールすることで、浮気防止にも繋がるでしょう。多くの男女は左手の薬指に指輪をしている人へ、積極的にアプローチすることはありません。第一印象として指輪の存在は大きな役割を果たします。結婚生活が長くなると、お互い感謝の気持ちを忘れ不満が募ることがあります。そんな時にも結婚指輪をゆっくりと見つめることで、その指輪を交換した時の気持ちを思い出すこともできるでしょう。

トレンドや渡し方も様々

男性女性

昔は婚約指輪は立て爪に一粒ダイヤをはめ込んだものが人気でしたが、最近はメレダイヤをリングに埋め込む婚約指輪も人気です。婚約指輪の豆知識に、贈るタイミングあります。相手に渡すタイミングとして多いのは、彼女の誕生日や付き合い始めた日、顔合わせの日などです。

詳細